「運び屋」


前代未聞の実話サスペンス。

クリント・イーストウッドの監督・主演。
サスペンスとあるけど、どちらかというと家族のドラマ。

家庭を顧みなかったため家族に見放された90歳のアール。
商売で失敗し自宅を差し押さえられて車で孫娘のところを訪ねた時に、娘の知人から「車の運転だけすればお金になる」と仕事を持ちかけられ始める。
実はこれは麻薬の運び屋で…という話。

一度だけと思って始めたアールだけど、車を運転するだけで大金が手に入る。
そのお金で友人を救ったりして自尊心も満たされる。
これはヤバいものだと気づくけど、金になるのでやめられない。
警察も車を止めても、このじじいが麻薬を運んでいるとは疑わない。

もうドキドキしちゃうよね。
捕まるんじゃないかとドキドキしながら観てた。
もしかして最後の方で、もう必要ないからとマフィアに殺されちゃうのかとも思ってた。

ラスト、結局捕まってしまう。
でも孫娘の学費を出してあげたり、自分勝手に生きて来た過去を反省。
「出所を待っている」と家族に受け入れられて終わり。

遅いよね。90歳になって犯罪まで犯してやっと家族の大切さに気づくなんて。
……とか偉そうに言っちゃってるけど、自分ちゃんと家族のこと思いやってる?
思いやってる気になってるだけじゃね?なんて思ったり。

この運び屋はレオ・シャープという実在の人をモデルにしている。
2011年に逮捕、収監されたけど病気のため2015年に出所、2016年に92歳で亡くなった。
なんでも伝説の運び屋で、ものすごい量を運んだそうです。
| 映画(は行) | 13:30 | comments(0) | -
「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜」


彼女たちの物語が、私を変える。
私の物語が、世界を変える。

1960年代のミシシッピ州に住む作家志望の若い白人女性と黒人メイドたちの話。
この白人女性スキーターが黒人メイドたちを取材し書いた「ヘルプ」という本が原作。

正直言って、人種差別をよく分かっていない。
海外旅行して人種差別されたこともなかったし、身近にほとんどない。
だから、黒人メイドたちが真実の思いを話すこと、それを本にすることが
どんなに危険なことか理解しにくかった。

黒人を差別しているけど、子育ては黒人にまかせっきり。
子どもたちは黒人に愛情をもって世話され育てられても、大人になると黒人を差別する。
これが不思議というか、変と思わないのかな。

でも全員がそうだった訳ではないのがわかった。
黒人乳母を大人になっても慕っている人もいる。
人種など関係なく、一緒に食事をしたり、料理を教えてもらったりする白人もいる。
差別してこないから逆に黒人が気を遣ったり。

黒人差別を実際に目にしている欧米人とは、この映画の感想は全然違うんだろうなって思う。

ミニーのうんちパイ事件、痛快!
でもまさか入れてないよね?ミニー?
| 映画(は行) | 14:54 | comments(0) | -
「ボディ・スナッチャー」
――遠い未知の惑星から
雨とともに、風とともに
底知れぬ恐怖が舞い降りてきた!


家族や恋人がなんだか違う人のような感じがしておかしい、、、と思ったら宇宙人に乗っ取られてたって話。

街の人々が宇宙人に乗っ取られていると気付き、逃げる4人。
仲間のふりをすれば見つからないと、なんとか難を逃れ、宇宙人生成工場?を焼いてしまう。

なんとか逃げられたのかと思わせておいてラスト!
「ア゛ア゛ア゛・・・・」

なんともいえない絶望感。
4人のうち割と脇役だったナンシーだけが助かって、これからどうやって生きていくの?
もう宇宙人に乗っ取られた方が幸せじゃん?

後味よくないラストでした。
| 映画(は行) | 17:07 | comments(0) | -
「羊の木」
信じるか 疑うか

これ、漫画が原作なんですね。知らなかった。
錦戸亮さんが主演ってことで割と話題になってた。

仮釈放の受刑者6人を受け入れることになった過疎の港町での、日常がゆがんでいくさま。
ここに町の古いお祭りが絡んで事件が起きる。

錦戸さんは元受刑者たちの面倒を担当する役所の職員。
元受刑者たちがなんとなく全員怪しい雰囲気で。何かやらかしそう。
全員殺人で服役していた人たち。
松田龍平演じる宮腰がなんとも不気味。
何考えてるんだかわからなくて、不安にさせる。

町のお祭りもちょっと不気味。
のろろ様を祀っているのだけど、これがなんとも不思議な祭。
のろろ様の姿を決して見てはいけないと言い伝えられている。
このあたりも事件に絡んでるのかなぁ。
| 映画(は行) | 23:18 | comments(0) | -
「ふきげんな過去」
たかが 夏の冒険

毎日に退屈している高校生の果子(二階堂ふみ)の前に、死んだはずの伯母・未来子(小泉今日子)が帰ってくる。
爆弾を作り警察に追われてる未来子は実は自分の母親。
感情には表わさないけど、果子の退屈な毎日がひと夏だけ生き生きする。

小泉今日子が出てればこんな感じかなーって思ったのがその通りで、期待を裏切らないといえばそうだし、想像通りでつまらないといえばそうなのよね。
小泉今日子って、どんな役も同じに見えるんだけど、見てるワタシが悪いのかな。

おもしろかったのは、果子が未来子のお腹を傘の先で刺したところ。
大丈夫よこれくらいっていう未来子に、傘の先に犬のウンコつけてきたって言う所。

それと、ずっとふてくされた顔をしていた果子が、最後に見せる笑顔が印象的。

印象的といえば、果子の育ての母親。彼女になんとも魅かれた。
兵藤久美さん。特別美人でも、ナイスバディって訳でもないんだけど、あーこの人いいなって。
何というか、日常的な色気みたいなものを感じた。
| 映画(は行) | 13:13 | comments(0) | trackbacks(0)
「ハラがコレなんで」
イキであることを信条に生きる妊婦の光子と、その周りの人々のお話し。

「行き詰まったら昼寝をすればいい。そのうち風が変わる。」
「子どもが生まれたら迷惑かけるんだから、今は私が面倒みる。」
「OK、大丈夫、私がなんとかするよ。」

こういうのをイキって言うのか、、、良くわからない。

タイトルから、妊婦なのを理由にいろいろと頼っちゃおう!
みたいなのを想像してたんだけど、違った。
妊婦を言い訳に、、、って考えが全然イキじゃないですね。
光子に怒られそう。

これ、ロケ地が高崎市! 地元じゃん!
知らなかったよ。ドコが何処??
調べてみたら、長屋は吉井町の奥平地区。
高崎市なの、あの辺?
| 映画(は行) | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0)
「武士の家計簿」
代々、加賀藩の会計をつとめていた武家のお話。
全体を通して、たんたんとしてます。
日記を元に創られてるからかな。
結構盛り上がる出来事もあるんだけど、それも割とたんたんと描かれてる。
そのせいか、印象が薄いです。。。

お祝いの鯛が絵だったり、
家計を立て直すために家財道具を売りまくったり、
家族が亡くなった日でも家計簿つけていて子どもに恨まれたり、
結局自分も父と同じだと気付いたり。
このあたりもうちょっと印象に残りそうなんだけど、、、
なんだか見終えたら、忘れてしまって。
話の筋はなんとなく思い出せるんだけど、映像が印象にないんだよね。
おもしろかったとか、つまらなかったとか、そういうのもない。
ここまで感想が何も残らない映画ってのも珍しいかも。
| 映画(は行) | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0)
「ブラック・スワン」
「主役の座をめぐってのライバルとの女の戦い!」
なのかと思ってたら、違うんですね。
自分の敵は自分みたいな。。。

サイコサスペンス、、、というかサイコホラー?
指の皮(?)を剥いだりとか、足指がくっついてたり、
脚の関節が反対に折れたり、毛穴から羽を抜くシーンは、
ホラー苦手なワタシにはちょっときつかったな。
それにやっぱ鏡は怖いです。

すごいな、と思うのはやっぱりナタリー・ポートマンの肉体とダンス。
バレエのシーンもすべて本人が演じたというから驚き。
1年くらいの訓練であんなになれるものなのか。
バサッバサッと羽根が生えてくる黒鳥のシーンは迫力あったし圧巻だった。
けど、ワタシにはいまいち色気とか誘惑みたいなものは伝わってこなかった。
(黒鳥のメイクがどうしてもデーモン閣下に見えてしまったせいもあるかも(´Д`))
役のニナは自分を追い込み傷つけて黒鳥を踊りきったけど、
演じるナタリー・ポートマン自身は優等生のイメージから脱しきれてない感じ。
でもニナとポートマンはイメージがだぶるから、
そういう意味では彼女が演じるのがぴったりだったと思う。

どこまでが現実で、どこまでがニナの妄想なのか分からなくなったりしたけど、
ラストは、黒鳥な自分が白鳥な自分を刺したって事なのかな。
現実に刺してるんだよね?
リリーの背中の羽根のタトゥーも現実のもの?
それとも妄想で見えてるのかな?
最後にはリリーの存在さえも妄想なのかと思えてきたよ。
| 映画(は行) | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0)
「フライトプラン」

まぁまぁ面白かった。

飛行中の機内から子どもがいなくなるミステリー。

あんなに周りの人って見てないものかな?
興味津々な前席の子達なら絶対後ろの席を覗いてそうだけどな。

一番最初に乗り込んだ客を覚えてなかった時に、
このスッチーあやしいとチラッと思ったけど、
ジョディ・フォスターのヒステリックっぷりに、
精神不安定な彼女の妄想だと信じてしまいそうだった。

いまいち良くわからなかったんだけど、
彼女が飛行機の設計に関わっているのを知っていて選んだの?
それとも死後アメリカに送られる人を殺したらたまたま奥さんが設計技師だったの?
見逃したのかな、、、よく分からなかった。

ラストの方のカイルの態度がちょっと。。。
誰にも信じてもらえない挙句に迷惑な人扱いされて、
一人で子供を取り返して「ふんっっ」状態なのは分かるけど、
疑いを掛けてしまった人に謝るくらいしたらどうなんだろうと思う。

| 映画(は行) | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0)
「フライ・ダディ」

面白かった〜!
好きです、こういうお話。

娘の立場からすると、たとえカッコ悪くても
お父さんは私のために戦ってくれると思えるのはウレシイよね。

チャンガお父さん、がんばりましたー!
本当に体が引き締まっていくんだもん。どんどんカッコ良くなっていくし。
なんでも15キロ太ってから撮影に入ってらしい。
ちゃんと太って予定通りにやせるって、、、ホント俳優さんってすごい。

スンソク役のイ・ジュンギ、出演作は「犬とオオカミの時間」しか見たことなくて、
あの時はミンギ(チョン・ギョンホ)ばかり見てたので、正直印象に残ってない (^_^;)
よく見ると、キレイな顔してるねー、しかもカワイイ。でもってカッコイイ。
クールな表情が多かったから、ちょっと笑った顔が余計にカワイイんだね。
これからは要チェックだな。

| 映画(は行) | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0)