<< 11年2月に買った本 | main | 1月、2月に読んだコミック >>
「ホワイトクロウ −インディゴの夜−」加藤実秋

インディゴシリーズの第3弾。
club indigoは改装中ってことで、
話の方もホストのプライベートがメイン。

一番好きなのは「神山グラフィティ」。
ナンバーワンホストのジョン太が、恋する可奈ちゃんのメアドも
聞き出せないなんて、なんだかかわいい。

それより何より、憂夜さんですよ (´∀`*)
「茶のレザーブルゾンに藤色のスラックス、オレンジ色のセカンドバッグ」
のいでたちにも(いろんな意味で)ドキドキしちゃうけど、
「ついクセで」りんごをうさぎにしちゃうって、なんなのぉー。
いやーん、かわいすぎるぅー(´∀`*)ノシ

謎が多いところが憂夜さんのステキなところだけど、
もう少しいろいろ知りたいなー。もうちょっと出番増やしてくださいよ。

| か行(加藤実秋) | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0)









トラックバック機能は終了しました。