<< 2015年8月に読んだコミック | main | 2015年9月に買った本 >>
「リベンジ Revenge」
アメリカのテレビドラマ。

シーズン4まで88話分、見終わりました。
タイトルのとおり、復讐劇なんだけど、ラストは意外にもハッピーエンド。

途中、亡くなったはずの父が生きてて「はぁ?」ってなったし、
意外に詰めの甘い作戦でその場しのぎっぽいところもあったけど、全体的におもしろかった。
復讐が終わり、これからは穏やかに暮らしたいと思ったのもつかの間、
今度は復讐される側になるっていうのもおもしろかった。

なんといっても見どころは、エミリーvsヴィクトリア。
主役はエミリーなんだけど、最後までヴィクトリアが喰ってましたね。
たまたまなんだろうけど、ヴィクトリアがゆっくり瞬きする時に
片目が先に閉じるのがなんとも言えず良かった。

ヴィクトリアって酷い女性だけど、かわいそうな人でもある。
自分の父親が、自分の子どもの父親だと知った時の衝撃は計り知れない。

ファイナルシーズンで反対に復讐される側になったときに
エミリーが「私は一線を越えてない!」と何度も言ってて、
「え?そうだっけ?」と思った。あんなに何人にも復讐してきたのに?
でも思い返してみれば、エミリーが直接殺した人っていないね、確かに。
巻き込まれて何人もの人が亡くなってはいるけど。

最後、初恋の人と結ばれてこれからは穏やかに幸せに、ときれいに終わったけど、
ジャックなぁ、、、まじめそうにみえて意外に気が多いよね。
マルコム・ブラックの娘と寝た事はエミリー知らないでしょ?
まぁ、エミリーも次から次へと男が変わったけどね。
考えてみれば歴代彼氏はみんな死んでるんだ。なんだかなぁ。。。
| TVドラマ | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0)









http://eyestrain.guruguru.oops.jp/trackback/1098630