<< 2015年9月に読んだコミック | main | 2015年10月に買った本 >>
「さよなら神様」麻耶雄嵩
「神様ゲーム」の続編。
鈴木神様がイケメン小学生となって違う小学校に現れる。

神様の「犯人は○○だよ」で始まる6つ短編。
一つの小学校絡みで6つも事件が起きることは不自然だし、
登場人物の小学生がとても5年生に思えないのがちょっと気になる。
今時の5年生くらいってああなのかな?

前半3編で「ん?」って違和感覚えて、4編で「おおおぉぉぉ、、、」ってなった。
大どんでん返し。違和感の原因はこれだったのかー!
前半3つと後半3つでは頭の中に描く風景が違う。
これは読んでのお楽しみ。

ラスト、うわぁ、それもありえる、、ってなる。
でも「残念でした ハート」でホッとする。
この ハート が効いてる。

結局、前作同様はっきりとした答えはでない。
鈴木神様を信じるか否か。
これ、続編でるのかなぁ。まだ読みたい。
神様、中学生あたりでどうでしょう。
| ま行(その他) | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0)









http://eyestrain.guruguru.oops.jp/trackback/1098634