<< 2015年10月に読んだコミック | main | 2015年11月に読んだコミック >>
「暗黒少女」秋吉理香子
評価:
秋吉 理香子
双葉社
¥ 1,512
(2013-06-19)

イヤミスですね。

設定がいいです。私立の女子高。いわゆるお嬢様学校。
美しくカリスマ性のある理事長の娘いつみが教室の窓から転落して死ぬ。
彼女を殺したと噂されるのは同じ文学サークルの6人の女子高生たち。
この女子高生たちが、文学サークル恒例の闇鍋で、いつみの死をテーマに
作品を発表しあう。

もうね、この作品発表も闇鍋状態。お互いに疑い合う。
しかもこれはそれぞれの作品だから、フィクションかどうかも確かじゃない。
同じ場面でもそれぞれに自分に都合のよいように解釈しているのが、おもしろい。
最後に代読されるいつみの作品も本当なのかわからない。

そしてラストですよ。ここが最高にイヤミス。
その闇鍋の中身、なんなのよ? え? まさかね?

これ、ドラマにしたらおもしろいんじゃないかな。

この本は単行本を購入したんだけど、表紙のイラストがステキです。
そしてカバーを外すと、紫の地に黒の蝶のイラスト。これもいい。
雰囲気あってる。
同じイラストレータで男子高生が表紙の秋吉さんの本を見掛けたので、これも興味ある。
単行本買って、カバー外して見てみたい。
| あ行(その他) | 17:28 | comments(0) | trackbacks(0)









http://eyestrain.guruguru.oops.jp/trackback/1098638