<< 2016年4月に読んだコミック | main | 2016年5〜6月に読んだコミック >>
「ブラックスローン」加藤実秋
インディゴシリーズの第5弾。

今回は、常連客が殺されてDJ本気が疑われたこともあり
いつものメンバーが真犯人探しに乗り出すお話。
さぐっていくうちに、仮想タウンに「クラブ インディゴ」があることがわかり・・・。

仮想タウン、twitterなどのイマドキっぽいツールを、
使いこなすホストたちと使えない晶や塩谷さんとのギャップがおもしろい。
この2人、そこまで年寄りじゃないと思うんだけど、、、
このあたり、憂夜さんはどっちなんだろう?

このシリーズ、なんといっても楽しみなのは憂夜さんの服装。
今回もドキドキものですよー。
「シルクらしき光沢の強いブレザーとパンツ。色はどちらも金。」
「一歩間違えれば昭和の漫才師の衣装」
「肩パッド入りのダブルのソフトスーツ。色は紫。」

金のスーツ、、、思わず金の蝶ネクタイの横山たかし・ひろしが思い浮かんだ(>_<)
憂夜さんってこの格好で出勤するのかしら、、、
ご近所ですれ違いたいわー。
| か行(加藤実秋) | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0)









http://eyestrain.guruguru.oops.jp/trackback/1098648