<< 「ブラックスローン」加藤実秋 | main | 2016年7月に読んだコミック >>
2016年5〜6月に読んだコミック
5月末かと思ったら、もう6月末でした(´Д`)
5〜6月に読んだコミックをφ(..)メモメモ。

「女の友情と筋肉」1・2巻 KANA3

これ当たりーーー!
筋肉モリモリマッチョな女子3人の4コマ。
後輩のワタナベがお気に入りキャラ。

「東京喰種 :re」6巻 石田スイ

カネキが覚醒してきましたねー。カネキなのかハイセなのか。
ラストの高槻泉の爆弾発言。これからどうなるのか気になるーーー!

「鬼灯の冷徹」18巻 江口夏実

抜けていた18巻を穴埋め。
白澤さまが出てればオッケーですよん。
舌切雀、舌切られたのにしゃべってるのは察しろってあたり特にいい
(・∀・)

「逃げるは恥だが役に立つ」5・6巻 海野なつみ

とうとう平匡とみくりが結ばれてめでたしめでたし。
ここから一気に入籍へ。早っ!さすがプロ童貞!
プロポーズ後のみくりの反応、結婚に対する固定観念を考えさせられます。

「賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編」9・10巻 福本伸行

10巻で区切りつくのかと思ったら、まだ続くんですね。
1巻使っても1対戦終わらないんだから、このままいくと30巻くらいになるのか?
和也にしろカイジにしろ、裏の裏の裏の裏まで読んて訳わかんなくなってるよね。

「きのう何食べた」11巻 よしながふみ

さりげなくマンションのオーナーさんにカミングアウト。
今の時代、あんな感じなんでしょうね。あぁやっぱりゲイでしたかーみたいな。

「累」7巻 松浦だるま

ニナを失い舞台から引退したかさね。
今度は、復讐のために近づいてきた妹・野菊の顔を借りて再び舞台の世界へ。
次の舞台はかつての恋人との共演。バレてしまうのか、また恋をしてしまうのか。

「弱虫ペダル」42・43巻 渡辺航

ウザい、バカすぎる、先輩に対して失礼すぎると人気のない鏑木くんだけど、
ワタシは好き。青八木さんとのやりとり、おもしろくて好きよ。

今泉の精神のぐらつき、このあたりどうなるのか。

「いちえふ 福島第一原子力発電所労働記」3巻(完結) 竜田一人

ひとまずこれで完結に。
作品を描くかたわら、また福島第一原発に派遣されることに。
今回はいよいよ1号機原子炉建屋。格納容器近くまで足を踏み入れる。

ここに描かれてる事が本当なのか確かめるすべはないけど、
原発反対賛成みたいな主張もなく、淡々としてるから、
これが真実なんだろうなって思えた。

「荒川アンダーザブリッジ」15巻(完結)中村光

いやー終わりました。ハッピーエンドです。
そうか、金星人はひとりじゃ生きていけないのか。
ニノとリク、お互いの「たった一人」に出会えてよかったね。
ハチャメチャだったけど、なんだかとっても幸せな気分になれた完結でした。

「聖おにいさん」12巻 中村光

たしかに、イエスの誕生日は盛大だけどブッダの誕生日はマイナーだよね。
| 漫画 | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0)









http://eyestrain.guruguru.oops.jp/trackback/1098649