<< (Audible)「犯罪小説集」吉田修一 | main | (Audible)「橋を渡る」吉田修一 >>
「ザ・ウォッチャー」
殺すために覗く

キアヌ・リーヴスが連続殺人鬼に扮したストーキング・スリラー。
キアヌ初の悪役ってことで話題だった。

ワタシの目当てはキアヌではなくて、ジェームズ・スペイダー。
「パッド・インフルエンス」で見た時に、なんかサスペンス向きな顔だなぁーと。
あの目を向いた表情を見てると、心臓がバクバクして怖いんだけど、なんかあの顔はクセになる。

で、この映画でもそういう表情をしてるっぽいので観てみた。

キアヌ演じる連続殺人鬼は、寂しがり屋なのか、スペイダー演じる刑事に恋してるのか、ライバル視してるのか。
キアヌにかまってほしくて?快楽殺人を繰り返す。

ラストがあっけない感じ。
もちろん人間だから、炎に包まれたら死んじゃうけどさ、なんかそれでも死なないみたいな、川の中でもしがみついてくるくらいの不気味さがほしかった。
ちょっとあっけなかったな。

精神科医ポリー役の女性が、なんとも男好きのする顔よね。
かわいいけど、同性からは好かれないかも?
| 映画(さ行) | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0)









http://eyestrain.guruguru.oops.jp/trackback/1098685