<< (Audible)「橋を渡る」吉田修一 | main | 「ふきげんな過去」 >>
「ジオストーム」
ある日、全世界の天気が支配された。

天候を支配できる宇宙ステーションがウィルス感染して暴走、世界中が災害に見舞われる。 開発者の科学者が、暴走の原因を突き止め制御するために宇宙へ向かったが……って話。

災害パニック的な映画なのかなーと思ったら、科学者ジェイクの兄弟確執やら娘との約束、弟の恋愛などのドラマもあり。
災害パニックだけだったらおもしろくなかったな。

おもしろかったのは、弟と恋人のエピソード。
大統領を守るSPの彼女との恋愛は表にバレてはダメなんだけど、追手が迫ってくる中、どさくさにまぎれて付き合ってることを大統領に告白。
カーチェイスの末に「結婚しろ」ってアドバイスされるとこ。

あと、陰謀に気づいた2人が、バレないように子どもの頃の暗号で相手に知らせる所。
今は不仲でも、兄弟には共通の思い出があるっていうのがいい。

それと最後の方のどんどん壊れていく宇宙ステーションから、ジェイクと主任の女性が脱出するところ。
ここはドキドキしながら見てた。

それにしても異常気象。
最近の暑さや水害などを見ていると、こんな未来は近いのかもって思う。
この映画では、ダッチボーイなる気象衛星で地球の気候を支配してたけど、今現在そんなものが開発されたって話は聞かないし、大丈夫なん?って思っちゃうよ。
| 映画(さ行) | 17:45 | comments(0) | trackbacks(0)









http://eyestrain.guruguru.oops.jp/trackback/1098687