<< 「ボディ・スナッチャー」 | main | 「真木栗ノ穴」 >>
「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜」


彼女たちの物語が、私を変える。
私の物語が、世界を変える。

1960年代のミシシッピ州に住む作家志望の若い白人女性と黒人メイドたちの話。
この白人女性スキーターが黒人メイドたちを取材し書いた「ヘルプ」という本が原作。

正直言って、人種差別をよく分かっていない。
海外旅行して人種差別されたこともなかったし、身近にほとんどない。
だから、黒人メイドたちが真実の思いを話すこと、それを本にすることが
どんなに危険なことか理解しにくかった。

黒人を差別しているけど、子育ては黒人にまかせっきり。
子どもたちは黒人に愛情をもって世話され育てられても、大人になると黒人を差別する。
これが不思議というか、変と思わないのかな。

でも全員がそうだった訳ではないのがわかった。
黒人乳母を大人になっても慕っている人もいる。
人種など関係なく、一緒に食事をしたり、料理を教えてもらったりする白人もいる。
差別してこないから逆に黒人が気を遣ったり。

黒人差別を実際に目にしている欧米人とは、この映画の感想は全然違うんだろうなって思う。

ミニーのうんちパイ事件、痛快!
でもまさか入れてないよね?ミニー?
| 映画(は行) | 14:54 | comments(0) | -