<< 「コンテイジョン」 | main | 「運び屋」 >>
「マイ・インターン」


すべてを手に入れたはずの彼女に訪れた試練。
そこにやってきたのは、70歳の新人だった−。


いい映画。観終わって優しい気持ちになる。

通販で成功した若い女性社長のもとに、インターンとして70歳の男性がやってくる。
最初はじゃまだと相手にしていなかった女性社長だけど、仲間に信頼され会社に必要とされていく男性に徐々に心を開き、友情が生まれ、いなくてはならない存在になっていく話。

年代も性別も立場も違う2人でもわかりあえる、友人になれるってのは、おとぎ話にも思える。

アン・ハサウェイみたいなルックスで、会社も成功、理解のある夫にかわいい子どももいるなんてズルいよね。
おしゃれで華やかイケイケな社長だけど、実は仕事にも家庭にも悩みがあり、それを相談できる相手もいなくて実は孤独。
そんな女性をうまく演じてると思う。
「プリティ・プリンセス」の頃はただかわいい女の子って感じだったけど、いまの彼女は憧れるくらい好き。でも世間では嫌われてるらしいね?

ロバート・デニーロがいい。こんなやさしい顔をするおじいちゃんだったっけ?
とにかく会社のみんなをおじいちゃんのような優しさで見守る。
でもあんな70歳いないように思うな。できすぎ。

好きなシーンは、デニーロが運転する車で、後部座席のアン・ハサウェイがいびきをかいて寝てしまうシーン。
ぐぉーぐがーと口開けて居眠りをしてしまうくらい心を開いたってことだし、あんなルックスの人があんないびきで寝てるギャップが笑える。

とにかく観終えるとハッピーな気持ちになれる映画。おすすめ。
| 映画(ま行) | 10:33 | comments(0) | -