<< 「運び屋」 | main | 「紙の月」 >>
「ひなこまち」畠中恵


「きょんげーっ」
「きょわーっ」
「きゅーっ」
鳴家たち、いつにも増して叫んでるかも。

「しゃばけ」シリーズ11作目。

「お願いです、助けてください」の木札を見つけてから、若だんなは助けてあげたいと思うけど、相手が誰だかわからない。
持ち込まれる困りごとを解決すれば、その誰かにたどり着けるのでは?と頑張るけど…。

好きなキャラがまた増えました。
「ひなこまち」の於しな。
頼りない父親に代わって、古着屋をきりもりするおきゃんな娘。
もうひとり武家の妻、雪柳。
安居と雪柳の夫婦には本当に幸せになってほしい。

今回のクライマックスは、若だんなの「ここから逃げたら、男じゃないもの」「それでも、私は子供じゃない!」。
もう本当に、かよわい若だんなじゃないよね。
相変わらず身体は弱いけど、中身はしっかりした男!
次巻での成長も楽しみ。
| は行(畠中恵) | 15:43 | comments(0) | -