<< 2020年5月に買った本 | main | 「スマホを落としただけなのに」 >>
「十二人の死にたい子どもたち」


未体験リアルタイム型・密室ゲームがスタート。

このミスで見て読んでみたいと思っていた作品。

インシテミルのような、そして誰もいなくなったみたいなのを想像していたのだけど違った。
自殺サイトに応募して集団自殺をしようと集まった少年少女。
でも一人多い? しかも死んでいる? 誰が殺したの? そもそもこれは誰?

自殺サイトなんて見たことはないけど、自殺を実行するのにルールを決めている所なんてあるのかな。
決を裁り、反対者がいなくなるまで議論する。そんな面倒なことを望んでる子なんているのかな。

自殺したい理由もちょっと違和感。
明確な理由のある子もいるだろうけど、理由もなく生きる意味がわからないから死にたいって子もいると思うんだ。

ラストは一応ハッピーエンドかな。
これはサトシが家族を救いたかったがためにやっていること。
そしてみんな「死んでほしくない」ってこと。そう理解した。

様々な若手俳優さんを観れます。
特に好きなのがNo.6メイコ役の黒島結菜さん。
彼女、これからもっと活躍するはず。応援してる。
| 映画(さ行) | 23:42 | comments(0) | -