<< 2020年6月に買った本 | main | 「コトリトマラズ」栗田有起 >>
「ブレッチリー・サークル」
「ブレッチリー・サークル サンフランシスコ」

The Bletchley Circle: Complete Seasons 1 & 2 DVD Set


The Bletchley Circle San Francisco Complete [DVD]



これは当たり!

なんの予備知識もないまま、Netflixで適当に選んで見始めたんだけど
とても良かった。
イギリスのちょっと暗めな雰囲気のドラマ好きなんです。
それと暗号解読物も好き。

最初に見たのが「ブレッチリー・サークル サンフランシスコ」。
イギリスに住む2人の女性が、過去に同僚が殺された事件に似ている殺人が
サンフランシスコで起きていると知り、サンフランシスコに渡り、
そこで事件解決に挑む話。

実は「ブレッチリー・サークル」が先で、サンフランシスコの方は続編。
でもまぁ、どちらが先でも大丈夫だと思うけど、女性同士の関係とかを考えると
順番に見た方がいいかも。

「ブレッチリー・サークル」はもうNetflixではやっていなかったので、
Prime Videoのシネフィルwowowの無料体験に申し込んでこれだけ見ました。
こちらでは邦題「暗号探偵クラブ」になってます。ちょっとダサい邦題。。。

ブレッチリーとは、大戦中に暗号解読をしていた部隊のあった地名。
登場する4人の女性は、そこの同僚。
戦争は終わったけど、機密情報を扱っていたのでその部隊にいたことは口外してはいけない。
結婚しても夫にも話していない。
だけど、そこで働いていた女性たちは選ばれた能力のある人ばかり。
もちろん自分たちもそれを自負している。
でも言えない。女性の地位も低くて評価されていない。

そんな女性たちが、暗号解読の能力を駆使し、おとりになったりと身体を張って事件解決に挑む。
時代を考えるとこれはスゴイこと。

出てくる女性たちがいいです。
イギリス人の5人、アメリカ人の3人、全員好き。
特に1作目の主役といえるスーザン。
全然笑わないけど、魅力的。
短めのクルッと巻いた前髪に大きめなバッグを前に掛けている姿がいいわ。
ただ残念なのことに、途中でフェードアウト。

事件解決が目的だけど、女性の生き方的なことも描かれてて、
本当にいい作品だと思う。
ただハデさがないからか、いまいち話題にならないのが残念。
| 海外ドラマ | 15:50 | comments(0) | -