<< 「ジョゼと虎と魚たち」 | main | オンラインレンタル。 >>
「太陽の塔」森見登美彦
太陽の塔 (新潮文庫)
太陽の塔 (新潮文庫)
森見 登美彦

なんていうか、、、喪男の妄想と男汁まみれの青春日記みたいな。

キライじゃないけど、あんまり好きでもないなぁ。
なんか、ほんとに臭ってきそうで。

ゴキブリキューブのあたりは、マジでドン引き。
ええじゃないか騒動はおもしろいけど。

太陽の塔って見たことないんだよね。よく知らないし。
水尾さんがどうしてあんなに太陽の塔に惹かれるのか、よく分からないなぁ。
そんなに人をひきつけるものなのかな?

読む前にあとがきを本上まなみが書いているのを知ったせいか、
水尾さんを想像すると本上まなみになっちゃう。
うっすら微笑みながら自転車を漕いでいるとか、ふわふわと歩いているとか
想像するとピッタリで。
主人公の愛用自転車も「まなみ号」だし。
水尾さんのモデルは彼女だと思う。ちがうかな?
| - | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0)









トラックバック機能は終了しました。